课程体系
成人篇 初级篇 留学篇 体系篇 学术篇 学员风采
留学日语EJU
2017-06-23  |  浏览:60
摘要: 同步留学EJU 【システム】 ・留学日本語専門課程 ・総合科目ハイレベル「地理」「歴史」「現代の国際社会」「現代の社会」 ・政治や経済 ・記述問題テーマ900 ・チャレンジ数学(コース) ・聴読解速攻トレーニング ・まとめ 【日本留学試験実施要項】 日本留学試験実施要項 以下は、日本学生支援機構の公式サイト(http://www.zojojp.com)を一部改変のうえ、掲載しました。実際の試験日程や国外受験は、…

同步留学EJU

システム

・留学日本語専門課程

・総合科目ハイレベル「地理」「歴史」「現代の国際社会」「現代の社会」

・政治や経済

・記述問題テーマ900

・チャレンジ数学(コース)

・聴読解速攻トレーニング

・まとめ

日本留学試験実施要項

 

日本留学試験実施要項

 

以下は、日本学生支援機構の公式サイト(http://www.zojojp.com)を一部改変のうえ、掲載しました。実際の試験日程や国外受験は、公式サイトを参照してください。

 

1. 目的

外語人留学生として、日本の大学(学部)などに入学を希望する者に、日本語力および基礎学力の評価をする。

 

2. 試験を行う期間

独立行政法人日本学生支援機構が、文部科学省、外務省、大学および国内外の関係機関の協力を得て行う。

 

3. 試験の方法、内容など

(1) 対象:外国人留学生として、日本の大学などに入学を希望する者

(2) 試験日:第1回 6月/第2回 11月

(3) 試験会場:

  北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県または福井県、静岡県、愛知県、京都府、兵庫県、岡山県または広島県、福岡県および沖縄県

 

(4) 出題科目など:

受験者は、受験希望の大学などの指定に基づいて、以下の科目から選択して受験する。

 

科目

目的

時間

得点範囲

日本語

日本の大学などでの勉学に対応できる日本語力(アカデミック・ジャパニーズ)を測定する。

125分

読解・聴解・聴読解

0~400点

記述

0~50点

理科

日本の大学などの理系学部での勉学に必要な理科(物理・化学・生物)の基礎的な学力を測定する。

80分

記述

0~200点

総合科目

日本の大学などでの勉学に必要な文系の基礎的な学力、特に思考力、論理的能力を測定する。

80分

0~200点

数学

日本の大学などでの勉学に必要な数学の基礎的な学力を測定する。

80分

0~200点

 

「備考」

1・日本語の科目は、記述、読解、聴解、聴読解の3領域から構成される。

2・理科について、受験者は、受験希望の大学などの指定に基づいて、物理・化学・生物から2科目を選択する。

 

数学について、受験者、受験希望の大学などの指定に基づいて、文系学部および数学を必要とする程度が比較的少ない理系学部用のコース1、数学を高度に必要とする学部用のコース2のどちらかを選択する。

 

4. 理科と総合科目を同時に選択することはできない。

5. 上記の得点範囲は、素点ではなく、共通の尺度上で表示する。また、記述については基準に基づき採点する。

6. 出題範囲は、各科目のシラバスを参照のこと。

 

(5) 出題言語:日本語および英語で出題するので、受験者は、受験者希望の大学などの指定に従って、出願の際にどちらかを選ぶ(日本語の科目は日本語による出題のみ。)

(6) 回答方式:多肢選択方式(マークシート)(日本語の科目は記述式を含む)

 

4.出願の手続きなど

(1)出願手続き

1.願書:所定のもの

2.受験料:(1科目のみの受験者)7164円(税込み)

  等国内(2科目以上の受験者)13294円(税込み)

3.受付期間:第一回 2月中旬から3月中旬・

       第二回 7月

4・出願:独立行政法人日本学生支援機構留学生事業部留学試験課に提出する。

 

(2)受験提案

出願手続きなどについては、「日本留学試験受験案内」で案内する。

販売の方法:2月中旬から一部486円(税別)で全国の主要書店で販売予定。

 

(3)受験票

願書を受けつけたものについて、次の時期(予定)に送る

第1回 5月下旬・第2回 10月下旬

 

5.結果の通知など

 

(1) 受験者への通知

次の時期(予定)に、試験の成績を通知する。

第1回 7月下旬・第2回 12月下旬

 

(2) 大学などへの通知

第1回については7月下旬から、第2回については12月下旬から、大学などからの成績問い合わせへの対応を開始する。

注:以增上日本语课体资料选集精编文献与题库。

 

本文の文法

諺の使い方

格助詞1

格助詞2

接続助詞1

接続助詞2

並例助詞1

並例助詞2

副詞、副詞的表現

慣用語的表現

附(增上日本语学术资料集 10H建立日语体系册

详情见【学术体系条例第二章7节教学大纲】

 

 

上一页:留学日语

下一页:没有了